HATATO Drum Works

現在決定しているサポート、ゲストなどの出演情報

 

●04月29日(sun)
 JUSTY-NASTY - Heading For Tomorrow - at 初台DOORS

Vo.藤崎賢一氏の急病の為、SOLOBANDのみで数曲だけですが演奏させていただきます。
 Shinobu(creature creature / LSN) …Guitar
 HOLY…Bass
 HAYATO(Moi dix Mois)…Drums

 

 チケット発売中。
 当日券ございます。

 詳細はこちらhttps://www.hauntedhouse.rocks/justy-nasty

 

●05月03日(thu/祝)
 「藤田幸也」音楽活動25周年記念公演 「約束の花」 at 赤坂BLITZ

「Kreisセッション」として出演。
 幸也(D≒SIRE/JILS/Kαin)...Vocal
 舜(NEiN/JILS/覇叉羅)...Guitar
 蓮(ex.JILS)...Bass
 HAYATO(ex.BLÜE)...Drums
 TETSU(ex.BLÜE/ENDLESS)...Key

 

 チケット発売中
 ・チケットぴあ 0570-02-9999 [P:112-809]
 ・ローソンチケット 0570-084-003 [L:71448]
 ・イープラス
 
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002256847P0050001P006001P0030001
 ※一般チケットは未成年者無料(身分証提示で当日全額キャッシュバック!)
 ※キャッシュバック対象チケットは一般チケットのみとなります。
 ※未就学児童入場不可


●05月06日(sun)
 HAUNTED HOUSE Vol.10 〜SUBLIMINAL BRAIN 2018〜 at 吉祥寺CLUB SEATA

「新宿心音会 板谷祐」
 Gt.Shinobu(creature creature,LSN)
 Gt.HIRO(ex.L'Arc〜en〜Ciel)
 Ba.HOLY
 Dr.HAYATO(Moi dix Mois)

 イープラス、SEATA店頭にて発売中。
 チケット僅少。
 
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002252226P0050001P006001P0030001


●06月23日(sat)
 華麗なる〜La包丁貴族〜 〜Another Face Moi dix Mois〜 at duo MUSICEXCHANGE

Manaシェフ率いる漆黒の料理人集団もう一つの顔のMoi dix Mois

 

 Thank you SOLD OUT!!
 ランチタイム/ディナータイム 共にSOLD OUT致しました。

 http://www.moidixmois.net/

 

●09月08日(sat)
 Deep Sanctuary ~MALICE MIZER 25th Anniversary Special~ at 豊洲PIT

「Moi dix Mois」

 

 Thank you SOLD OUT!!
 プレミアムシート/指定席/後方立見のみ 共にSOLD OUT致しました。

 http://eplus.jp/malicemizer25th/

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | Top ▲

久々に…

幸也さんの後ろで叩きます!
微力ですが音楽活動25周年の記念公演に花を添えることが出来ればと思っています。
HAYATO


「藤田幸也」音楽活動25周年記念公演
2018年5月3日(木)赤坂BLITZ「約束の花」ゲスト出演者発表!

「Kreisセッション」

幸也(D≒SIRE/JILS/Kαin)...Vocal
舜(NEiN/JILS/覇叉羅)...Guitar
蓮(ex.JILS)...Bass
HAYATO(ex.BLÜE)...Drums
TETSU(ex.BLÜE/ENDLESS)...Key

2018年5月3日(木・祝)
ライブタイトル:「藤田幸也」音楽活動25周年記念公演「約束の花」
会場:東京・マイナビBLITZ赤坂(http://www.tbs.co.jp/blitz/

時間:15:30開場/16時開演

【チケット情報】※発売中

●25周年記念GOODS特典付チケット:¥7,700−(税込)
※全席指定
※ドリンク代別途必要

●一般チケット:¥5,200−(税込)
※自由席(入場整理番号付き)
※ドリンク代別途必要

※一般チケットは未成年者無料(身分証提示で当日全額キャッシュバック!)
※キャッシュバック対象チケットは一般チケットのみとなります。
※未就学児童入場不可


・チケットぴあ   0570-02-9999 [P:112-809]
・ローソンチケット 0570-084-003 [L:71448]
・イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002256847P0050001P006001P0030001

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) | Top ▲

2018

明けましておめでとうございます。 HAYATOです。
今年もよろしくお願いします!
東京は珍しく大雪が降りましたが、
怪我などされてませんか?
雪道では垂直に足を下ろして歩くとまだマシに歩けます。
まだ数日は融け残るだろうから足元お気をつけください。


さて、今年の一発目は!

1月27日(土)
ENDLESS ONEMAN GIG
The sky is the limit - Final Chapter -
at Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE


特別な公演です。
今回のライブでENDLESSは活動休止となります。

今まであんまりBlogでENDLESSのことに触れてこなかったのは
こだわり屋さんのSHIGEが描きたい世界を壊したくなかった(不要なイメージを付けたくなかった)からなんやけど、
今回ばかりは少しだけ書き残しておきたい。

2007年のENDLESS活動再開時から殆どのライブのサポートドラマーを務めて来ました。
SHIGEとTETSUとはBLUEで一緒に活動した年数よりENDLESSとしての活動の方が遥かに遥かに長くなりました。

BLUEの頃、一緒に演奏したのは1年も満たなかったからそんなに印象にも残ってなかっただろうに
ENDLESSが活動を再開した時に真っ先に声を掛けてくれた事、本当に嬉しかった。
昔、個人サイトで日記を書いていた時にやたらと長文でその思いを吐き出したことも強く覚えています。
ずっともっと一緒に演奏したかったなぁと思ってたから。
嬉しかった、本当に嬉しかった。
だから声かけてもらってからは二人と距離を詰めようと思って珍しく自発的に(笑)行動を変えたりしました。

ENDLESSの現場はパワーだけではどうにもならなくて。
神経も使うし、力の入れ方自体を見直したりもした。
SHIGEは本当に色んなタイプの曲を創るので
演奏したことのないようなジャンルの曲をドーン!と提示されて
いきなり「HAYATOくんこの曲は黒人ドラマーになって」とか言われるっていう(笑)。
でもそれぞれの曲のクオリティがきちんと高いので俺は本当にスキルアップさせてもらったと思ってます。
とは言え、ひりついた感じではなく
昔馴染みと音を出すワイワイとした感じがあって古巣というか伸び伸びと色んなことにチャレンジさせてもらえる現場でした。


俺はSHIGEとTETSUの2人がステージを降りる後ろ姿を見るのはこれで2度目になる。
こんな経験してるひとあんまり居ないよね(笑)。


21年前の難波ROCKET'Sでは未熟な演奏力でしか二人を送り出せなかったけど、
あの頃よりはまだもう少し叩けるようになったから
今の俺のありったけで最高の花を添えれるよう心を込めて叩きます。
| - | comments(2) | trackbacks(0) | Top ▲

GAZさん。

また一人、素晴らしいドラマーが旅立って行ってしまいました。
GAZさん。
最後に会ったのは2011年の輪廻転生 at 赤坂BLITZでしたね。
GAZさんいつ会っても人懐っこくて優しくて、BLITZの楽屋でもドラムの話と昔話をしてずーっとゲラゲラ笑ってました。

初めて会ったのは俺がまだ大阪住みでBlueを演ってる時で、
GAZさんはKneuklid Romance(ニュークリッドロマンス)でぶっ叩いてた時。
人見知りで引っ込み思案だった俺に目をかけてくれた数少ない先輩。
音もデカくてドラムセットも派手で掛け値なしに大好きなドラマーでした。

正直まだ訃報を受け止めきれない自分が居ます。
いやいやいや嘘でしょ?って気持ちでいっぱいです。

BLITZ終わった後、Twitterで『ドラム仲間』って書いてくれてて
改めて言葉にするのってめっちゃいいなあ!って思った。
…『仲間』が先に旅立っちゃうのは寂しいですよ、GAZさん。

これから空で雷が鳴ったら「お!GAZさんブッ叩いてるな」って思っときますんで
いつか俺もそっちに行ったら仲間に入れてくださいね。


心より御冥福をお祈り致します。

HAYATO
| - | comments(0) | trackbacks(0) | Top ▲

11月

13日の誕生日にお祝いメールやメッセージを下さった皆さん、
どうもありがとうございました。
この音楽業界に携わってもう何年経ったのでしょうか。

幾つもの月日が流れても学ぶ事や新しい発見が尽きる事の無いこの道です。
その歩みの中で出逢えたご縁や、かけがえのない大切な仲間や、
応援してくれるファンのみんなの支えがあって今日に至ります。
感謝しかありません、本当にありがとう。
あと何年大好きなドラムを元気にブッ叩いてられるかはわかりませんが、
力尽きるその日まで心に突き刺さる俺の鼓道を届けて行きたいと思っています。




そして17日は
KENICHI FUJISAKI
" FROM THE PAST TO THE FUTURE "
VUENOS SHIBUYA でした。
ご来場下さった皆さん、ありがとうございました。
リハーサルの時点で既にそうだったのですが、
前半戦だけで胸が一杯になってしまう程の激アツなセットリストでした!
スケジュールの都合上、準備期間も限られた時間の中でしたが精一杯の力で臨ませていただきました。
皆さん楽しんでもらえてたなら幸いです。
藤崎さんはアコースティックツアーの真っ只中で身体のケアも大変なのに、
いつ聴いても本当に素晴らしい歌声で一緒に演奏してても胸が熱くなるのです。

立場上、しっかりと演奏をすることがもちろん最優先事項ですが
2016年より携わらせていただいている藤崎さんのバックは回を増すごとにクールなだけではこなせないというか。
ヴォーカルの熱量そのものにヤラレて予想以上にアツくなってしまうことが度々あるのです。
冷静に曲を遂行する俺と心がエモくなる俺とのせめぎ合いが毎回あった。
こんなことを書くのは烏滸がましいのかも知れないけど、
実は今回のライヴではじめてそのふたつのバランスが気持ち良くハマったのです。
これってスゴイことなんです!大概のドラマーはここを目指して日々を足掻いているんです。
端から見たらまだまだ至らない所だらけだとしても、
見たかった景色になんとか足がかかったような気持ち。

それからこの日は俺の名前を呼んでくれる男性の声がなんとなく多かったような気がして
心強かった。ありがとう、強く印象に残っています。
これからもよろしくね!


そして、
アンコールではサプライズゲストでD'ERLANGERのTetsuさんの飛び入り参加があり、
『I LOVE YOU』と『SPY OF LOVE』を演奏!
激アツの会場内は更にヒートアップ!!
ワタクシ、職権大乱用で『I LOVE YOU』ではTetsuさんの後方にがっつり陣取りプレイを堪能!
『SPY OF LOVE』に至ってはもう我慢ならずフロアに飛び降り柵前のド最前列でファン化しました!
後ろに居た最前列のお客さん(←新しい言葉やね・笑)
ごめんなさい!
兎にも角にも本当に糧が多く楽しいライヴでした!


終演後、楽屋にてTetsuさんから嬉しすぎるお言葉を頂きました。

「BEAT SO LONELY〜とRISKY 完コピじゃん!、俺ここまで叩いてくれてる人初めて見たよ!」って!!!!

俺、その後メイク落とすフリして少し泣いてしまいました…。
ライヴの最初からご覧になってるのは分かっていたので、
ご本人の前で叩く緊張感は半端なく練習した半分も叩けてなかったのに。
Tetsuさん凄く優しい方なのでお世辞でも本当に嬉しかったんです。
その後もドラムに関してのお話しを沢山させていただきました。
助言していただいたこと、全部試してみようと今非常にワクワクしています。


これがあの有名なサンドイッチCRAZE(©Tetsuさん)だ!!!
(この贅沢な写真群はプリントアウトして写真立てに入れて飾っているのだ。)
(エモい。)


11月の誕生月、本当に嬉しいプレゼントになりました。
これからも鋭意精進したいと思いますので、
どうぞ皆様宜しくお願いします。

さて次のライヴ。
12月2日のサバトへ向けて私も漆黒の闇の世界へ帰還したいと思います。
今年ラスト、首鍛えて待ってろよ!

HAYATO
| - | comments(0) | trackbacks(0) | Top ▲
<< | 2/101 page | >>